ethelvine

  • MEMBER
  • <リタ・ウント・ルドルフ・トロッセン> トロッセン・セッコ・トロッケン 2022<br>Trossen Secco Trocken 2022/ Rita & Rudolf Trossen

<リタ・ウント・ルドルフ・トロッセン> トロッセン・セッコ・トロッケン 2022
Trossen Secco Trocken 2022/ Rita & Rudolf Trossen

商品コード:02-0151

原産地:ドイツ モーゼル

ポイント:34pt

価格:3,762円(税込)

数量

在庫あり/あと1個

この商品について問い合わせる

トロッセン・セッコ・トロッケン 2022

1980年頃植樹のリースリング。

軽く繊細で澄んだ果実味と、いきいきとした微炭酸が心地よいワイン。

容量 750ml
原産国・地方 ドイツ モーゼル
タイプ
ブドウ品種 リースリング
 

Rita & Rudolf Trossen
(リタ・ウント・ルドルフ・トロッセン)

 
最近でこそ『ドイツワインは甘い』という概念を覆す、
様々な生産者が注目を浴びてきていますが、また一味違う、
いわゆるわかりやすいフルーティーさではなく、しっかり発酵し尽くしたイメージ。

一方で、ドイツのリースリングらしい花のような香りとミネラルもしっかりと存在しています。


輪郭がはっきりとしていて、ぼやけた感じがないので、
各キュヴェしっかりとその特徴をとらえていることでしょう。


つい目を引くエチケットもドゥッセルドルフに住む知人にお願いして、
それぞれのワインを飲んでみて湧いてくるイメージに基づいてデザインしてもらっているそうです。


(以下、輸入元資料参照)~

醸造所のあるKinheim-Kindel(キンハイム-キンデル)村は、
モーゼル中流域で古くからワイン作りの文化が根付く場所です。
古代からローマ人やケルト人が、この地のブドウ栽培に適した気候を利用し
畑を開墾しました。
 

この地に広がる灰色及び青色粘板岩(シーファー)の土壌から作られるワインは、
心地良いミネラルと繊細な酸、また塩味や落ち着いたスパイス感、
柔らかく控えめに立ち上る香りなどの特徴を持つのだが、
この地がワイン作りに適切であることをローマ人は知っていて
ワインを作っていたと考えられます。

リタ ウント ルドルフ・トロッセン醸造所はこの地にて1967年創業、
1978年からは古くからの家族経営の醸造所から方向転換をし、
ビオディナミを取り入れた高品質なワイン作りを目指し始めました。

2010年には初めて酸化防止剤ゼロワインに挑戦しています。

 
CHECK ITEMS

ページトップへ