ethelvine

  • MEMBER
  • <ショヤマン>リースリング ルッパーツベルグ 2019<br>Riesling Ruppertberg 2019 / Scheuermann
  • <ショヤマン>リースリング ルッパーツベルグ 2019<br>Riesling Ruppertberg 2019 / Scheuermann
  • <ショヤマン>リースリング ルッパーツベルグ 2019<br>Riesling Ruppertberg 2019 / Scheuermann
  • <ショヤマン>リースリング ルッパーツベルグ 2019<br>Riesling Ruppertberg 2019 / Scheuermann
SOLD OUT

<ショヤマン>リースリング ルッパーツベルグ 2019
Riesling Ruppertberg 2019 / Scheuermann

商品コード:147-003

原産地:ドイツ ファルツ

ポイント:32pt

希望小売価格:0円

価格:3,564円(税込)

数量

品切れ

この商品について問い合わせる

リースリング ルッパーツベルグ 2019
 

ルッパーツベルグの畑はより温暖でダイデスハイムよりも風が吹きます。
表土は黄色砂岩で覆われ、その下には泥灰土から成る土壌があります。
そのため、よりミネラルが際立つワインが生まれます。

テロワールの違いを分かりやすくするため、ダイデスハイムと同様の醸造方法を採用。

(輸入元資料 参考)

ダイデスハイムと比べると、より酸がきれいで縦に伸びる印象です。
是非、テロワールの違いを飲み比べてみてください

 

容量 750ml
原産国・地方 ドイツ ファルツ地方
タイプ
ブドウ品種 リースリング
 

Scheuermann
(ショヤマン)

 

ジモンとカブリエル兄弟はワイナリーの4代目にあたり、
2009年に初めて二人のワインを生産。

それまでブドウは共同組合に販売していたのですが、
2012年にはビオディナミ農法に切り替え、2019年にデメテールの承認を取得。


彼らの畑仕事における理念は、
土壌の特徴とそこに現れる唯一無二の個性を引き出すために
極力ブドウ樹の生命リズムを乱さないこと。


そのためには、土壌を守り、保持するのみならず、
土壌の生命力をより一層活性化することが重要となります。


畑においては、ブドウ樹とそれ以外の植物のバランスの均衡を保つことと、
常に畑の風通しをよくし、カビが蔓延しないことを重視しています。


ブドウ樹一本ずつ観察し、慎重に選定。
土壌を耕すのと同時に雑草は全てそのまま土に戻す。
そうすることで、それらの植物は土壌にエネルギーを返すことになる。

彼ら兄弟にとってのワイン造りとは、
ワイン畑を取り囲む動植物とそれら多くの要素間のバランスを保つ人間がいて
初めて可能となります。


その条件が整っていれば、
人間がワイン造りに大きく介入する必要性はなくなると信じています。
 
CHECK ITEMS

ページトップへ