ethelvine ONLINESHOP
2019年4月の営業日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

定休日 : 毎週 日・祝日

 

<ラングロール>リラック・ルージュ 2016 
Lirac Rouge 2016 / L'Anglore

商品名 : <ラングロール>リラック・ルージュ 2016 
Lirac Rouge 2016 / L'Anglore

商品コード : 101-279

原産地 : フランス コート・デュ・ローヌ地方

価格 : 5,444円(税抜き5,040円)

ポイント : 50

数量 :    売り切れ



L'Anglore
(ラングロール)



1980年代の後半に家族のブドウ園を受け継ぎ、養蜂家及びワイン生産者となりました。
 
義理の父から土壌の仕事を教わり、最初は協同組合員としてスタート。
しかしエリックは、『環境を尊重した栽培方法』を改善し、タヴェルを広めた一人でもあります。
時が経つにつれ彼の考えはより深くなり、
当時エステザルグ協同組合のディレクターを務めていた
ジャン・フランソワ・ニック氏の影響を受け、
徐々に自然な栽培の方向へと進んでいきます。
 
先駆者であるジュル・ショベ氏や、マルセル・ラピエール氏、
ジャン・フォワラール氏のワイン造りの方式を励みにし、また、シャトー・ド・マニシで
タベルのワインについて多くの知識を得たフレール・ロジェの開放的で感情性の強い性格が、
エリックにとって大切な目標となりました。
そこから、彼の中では『原料に信頼性を持てるからこそ造れるワイン』
という考えが生まれたのです。
 
 
土の通風や水の状態、植物の間に生まれる競合、又ブドウ、
そして発酵中の果汁には必要不可欠である窒素の存在など、
これらをコントロールするにはブドウ木と他の植物のバランスを保つことが重要です。
 
そして何よりも大切なことは、ブドウ木からワインになるまでの段階を見守ること。
まさにローマの古代人のワイン造りに似た方法です。
エリック・ピファーリングは尚古主義ではなく、ただタベルのワイン造りに関する古い歴史と、
今現在テロワールを感じながら進める作業を歴史に残して行きたい強い意志の持ち主なのです。

(輸入元資料より)

 


 


【 リラック・ルージュ 2016 】

タヴェルの隣のアペラシオンで、土壌も似ています。

 

--------------------------
容量:750ml
原産国・地方:フランス コート・デュ・ローヌ地方
タイプ:赤
ブドウ品種:グルナッシュ・ノワール、グリ、ブラン 50 %、
ムール ヴェードル40 %、クレレット・ローズ 10 %

--------------------------


 


Copyright (C) 2007 ethelvine-online. All Rights Reserved.